一般誌のエロシーン保管サイト

一般誌のおっぱい・レ◯プ・恥辱・LOVE♡・近親◯姦・同性愛などを年代・男女向け問わず収集し、コンテンツとして保管するサイト



    00029

    鬼遍かっつぇ

    「もうイク!すぐイッちゃうからっ」「上手に噴けたなえらいぞ、ゆづ」先輩の長く骨ばった指で、奥の気持ちいい所を刺激されて、別れたいのにイカされちゃう…!――イケメンで成績優秀な人気者・アラン先輩と付き合っている染谷ゆづか。男と遊んでいると噂のあるゆづかと先輩が付き合っていることを誰もが不思議に思っていた。しかし、彼には裏の顔があって…!?週末の三連休、家にやってきた先輩はゆづかとの三日間を「記録」すると言い出す。それから三日三晩、嫌がるゆづかを組み敷き、激しいピストンで感じさせまくり、イッてもイッてもやめてくれなくて!とうとう別れ話を持ち出したゆづかに対し、先輩の行為はエスカレートして―…!? 【鬼畜カレシと本気セックス~三日三晩イカされ続けて…~ 題名のごとく可愛いJK彼女が鬼畜カレシに犯されまくる】の続きを読む

    0203
    さおとめやぎ

    生き別れの“兄妹”は運命的に再会する。ただの男女として──。決して結ばれてはならない二人が織りなす禁断純愛ラブストーリー!!映画制作に熱中する大学3年生の百足心が出会ったのは、女優かと見間違うほどの美人・大迫瞳。彼女はなんと心が通う大学の新入生だった。
    【僕たちは繁殖をやめた 実の兄妹とは知らずに愛ゆえに近親相姦してしまう】の続きを読む

    37
    【DEAD TUBE 】の続きを読む

    f4b61b3d8b3245bb8197f1d830eddc64
    人生で初めてできた、かわいい彼女。でもその友達は、彼女よりも妖艶なカラダで僕を誘惑してきて…。彼女の友達にこんな風に迫られたら、あなたはどうしますか? ヤンマガWebにて連載中、PV圧倒的1位を誇る超人気作が単行本化決!! 大人気同人サークル「JACK-POT」のじゅらが描く魅惑の背徳物語 【彼女の友達 彼女持ちの主人公を寝取る性癖持ちのJKが誘惑してきたら、、、】の続きを読む

    kizuoi-bito01_030
    傷追い人』は、小池一夫原作・池上遼一作画による漫画、またそれを原作としたOVA。小学館『ビッグコミックスピリッツ』1982年1月15日号から1986年3月30日号まで連載 【傷追い人 冒頭から空手ヒロインが野外レイプで処女を奪われる】の続きを読む

    029

    若杉公徳

    キレイゴト?そんなもんバケモノにでも食わせとけ!命の価値決め学園サバイバル!!ルールはただ一つ。一日一人がバケモノのエサになる。学園カースト最下層主人公は毎日エサに指名されながらも生き残ることができるのか!?『デトロイト・メタル・シティ』『みんな! エスパーだよ!』若杉公徳、最新作!
    【明日のエサ キミだから ヒロインと冴えない童貞少年とのセックスシーン】の続きを読む

    CCF_0123
    Cuvie
    【NIGHTMARE MAKER ハメるつもりが逆にハメられたヒロイン(一応)の輪姦シーン】の続きを読む

    nmm04_017
    NIGHTMARE MAKER』(ナイトメアメーカー) Cuvie 月刊ヤングチャンピオン烈にて、2012年No.8まで連載された。単行本は全6巻。 【NIGHTMARE MAKER 禁断の先生不倫の夢を見ている最中に眠姦レイプされるJK】の続きを読む

    078

    大友克洋 ながやす巧

    英語から翻訳-レジェンド・オブ・マザー・サラは、大友克洋が原作、長安匠が描き下ろしの漫画です。マンガは講談社のヤングマガジンに掲載されています。
    【沙流羅 -サーラ-  子供達を探しに命がけの旅をする強い母親が強制収容所で犯される】の続きを読む

    057
    裏地ろくろ

    人嫌いで黙々と仕事をこなしてたサラリーマンの武村は、会社倒産後やる気を失い引きこもりの生活を送っていた。そんなある日、自宅前で突如見知らぬ男に襲われ、腕を噛まれてしまう。なんとか自室へと逃げこむが、謎の高熱が出、数日間寝込んでしまう。やがて回復し再び日常へと戻ろうとするが、世界はその間に一変していた。
    【ゾンビだらけの世界で俺だけ襲われない 食糧分けて助けてもらったお礼に体で返すヒロイン】の続きを読む

    17
    中武士竜
    【十字架のろくにん 狂乱の極み 助けた彼女までレイプして】の続きを読む

    04
    中武士竜
    【十字架のろくにん [胸糞注意]もし自分の彼女が性処理道具でオナホ化されていたら】の続きを読む

    このページのトップヘ